トップ > 平成29年8月> 12日

「集中力」が高まる、この方法。

2017年8月12日「土曜日」更新の日記

2017-08-12の日記のIMAGE
『「集中力」が高まる、この方法』 特に気をつけたいのは、テーブルと椅子の高さです。ダイニングテーブルの高さは約七〇センチ近くあります。それに対して、小学一年生の学校の机の高さは、だいたいが五五センチ。センチ用のダイニングの椅子に座ると、確実に足が宙に浮きます。そして、足が宙に浮くと、安心感と安定感がなくなり、集中力は極端に下がってしまいます。そこで、おすすめなのが、たとえば、ストッケ社の「トリップトラップ」(ハイチェア)など、座面と足置場の高さを自由に変えられる子ども用の椅子を使うことです。これで、テーブルの高さに椅子を合わせても、足がぶらぶらしません。そうすれば、姿勢を崩さず、集中力を保ちながら物事に取り組めるようになります。また、照明にも気を配りたいものです。ダイニング照明は食事をするための明るさ程度しか確保していないため、勉強などをするには暗すぎる傾向があります。そこで、別に電気スタンドなどを用意して、勉強をするときは明るくしてあげると、目の疲れや視力低下を防ぐことができます。ここまで気を配ると、ダイニングテーブルは、子どもが勉強に集中するのに最高の環境になるのは間違いありません。

このページの先頭へ