平成29年9月最新記事PICKUP!

頭金は多くても困らない
頭金300万円で物件価格3000万円のマンションを、年利3%の30年ローンで買ったとする。銀行からの借入額は2700万円、返済総額は約4400万円になる。それを「頭金1割じゃ少なすぎる」といって、すぐ買わずに貯金を続け、3年後に頭金600万円にしてから買う。そういう選択をする人もいることだろう。  3年後も年利3%で借りられれば、借人額2400万円に対して、返済総額は約4250万円。およそ150万円の節約になる。  だがこれは、あくまで3年後も金利がいまと同じだった場合である。いまの金利は最低に近いから、金利はこの先上がる方向にある。もし金利が4%になっていれば、返済総額は4700万円。頭金を増やした意味がなくなる。  もちろん、頭金は多いに越したことはないが、金利水準が低い時代はあまりこだわらないほうがいい。  どうしても頭金を増やしたいなら、親に無理をいってでも相続財産の一部を贈与してもらうとか、時間のかからない別の方法を考えることだ。実際に多くの人は、購人物件価格の2割以下の頭金で踏み切っている。  「できるだけ多くの頭金を…」という考えは正しいのだが、いまは、そのことに頭を悩ませるよりも、ローンの借り方のほうに、もっと神経を使うべきだろう。

最新コラム!2017年9月

平成29年9月1日新着!
健康的な家
2017-09-01更新の日記image
本当に人間にも地球にも健康的な家の根拠を明らかにする取り組みが、現在どれだけ進んでいるのか。文庫版のための新原稿書き下ろしにあたって充実させたいと思ったのは、こうした取り組みの例を調べることです。 まず注目し
平成29年9月2日PICKUP
イメージでなく「根拠」を持つエコ住宅を。
2017-09-02更新の日記image
住まいで言えばエコ住宅、食品なら無農薬野菜など、健康や環境に配慮したものがなかりなかスタンダードにならない理由のひとつは、根拠が疑わしいと思う人が多いからではないでしょうか。出所や中身が表示に沿っていない商品が
平成29年9月3日更新
エコリフォームとセルフエコケア
2017-09-03更新の日記image
リフォームも建築家にコンサルティングを依頼これから一戸建てを建てたり、現在の住まいを壊して建て替えたりするのは無理だけれど、少しでも健康的にバージョンアップしたいという場合は、エコロジーな材料と工法を使ってリフ
平成29年9月4日最新情報
様々なコンサルティング
2017-09-04更新の日記image
コンサルティングといってもどのような規模のリフォームをどこまで相談するのか、実際に素材探しなどの実働もしてもらうのかどうかなど、さまざまなケースがあるでしょうが、コンサルティング料は設計料より少なくてすむはずで
平成29年9月5日NEWS
ドライクリーニングも問題。
2017-09-05更新の日記image
有機塩素系溶剤のジクロロメタン、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレンなどに発ガン性が疑われるのです。理想を言えば無農薬のオーガニックコットンでつくり、化学系の薬剤で染色や防炎処理がされていないカーテンを使う
平成29年9月6日新着!
化学物質過敏症予備軍
2017-09-06更新の日記image
現在すでに家の中に存在してしまっている、合板などが使われている収納や家具の有害物質を抑える方法として、古くからバイオリンやギターなどの楽器の塗装に利用されてきた、ラックカイガラムシからつくられるシェラックワニス
平成29年9月7日PICKUP
ダニアレルギーを悪化
2017-09-07更新の日記image
また、ダニの殺虫剤はアレルギーを悪化させることが多いので避けましょう。ダニアレルギーの原因はダニの死骸とフンなので、殺して対処するのでなく、清潔にするよう気を使い、布団のダニを掃除機で吸い取るなどで予防しましょ
平成29年9月9日更新
エセ健康建材に騙されないために。
2017-09-09更新の日記image
組成表などを調べてみると、多くの新建材に有害な化学物質のいずれかが入っていることがわかります。「健康」「体にやさしい」「ナチュラル」「エコ素材」などという謳い文句がつけられている商品でも、ほとんど実態が伴ってい
平成29年9月10日最新情報
最も避けたい「化学物質」と「薬剤」
2017-09-10更新の日記image
『最も避けたい「化学物質」と「薬剤」』さて次に、どんな化学物質や薬剤が最も危険で、人体にどう有害なのかをみていきましょう。これに関しても専門的な知識を得るには本を何冊も読まなければならないので、ここでは真っ先に
平成29年9月11日NEWS
ダイオキシン汚染原因
2017-09-11更新の日記image
" また、住まいが大きな原因となって発生しているもののひとつが、ダイオキシンです。1999年に大きく報道されて社会問題になった埼玉県所沢市のダイオキシン汚染原因の大半は、建設廃材を不用意に燃やしたことによるもの
平成29年9月12日新着!
内断熱と外断熱、どっちがいい?
2017-09-12更新の日記image
最近よく「外断熱」という言葉を目にしませんか?「内断熱は住宅の寿命を縮める」などという恐ろしい謳い文句で外断熱を推奨している本やメーカーもあるようですが、さて、真相やいかに?設備設計家の柿沼整三さんの話をまとめ
平成29年9月13日PICKUP
内断熱の欠点
2017-09-13更新の日記image
やはり内断熱のほうが一般的な手法と言えるでしょう。なぜ内断熱が悪いような言われ方をされてしまうのでしょうか。それは、内断熱の建物-つまり現状のほとんどの家で、室内に水蒸気が多くなって湿度が上がり過ぎることと関連
平成29年9月14日更新
『住み手が知っておきたいこと』
2017-09-14更新の日記image
<結露発生のカラクリと防ぎ方> パートナーとして優秀で勉強熱心な建築家を見つけるのと同時に、建て主にはまず「家というもの」「住むこと」「ていねいに暮らす意味」などについて考えてほしいということを、しつこいほど
平成29年9月15日最新情報
結露対策
2017-09-15更新の日記image
家具の裏や押し入れ、クローゼットの中や壁の内側、窓面など、気温の低い場所ではそれが結露に変身し、やがてカビが発生するのです。カビが繁殖するとカビをおもな主食とするダニが発生し、このカビやダニがアレルギーの主な原
平成29年9月16日NEWS
都心に戻りたければ自宅を賃貸すればいい
2017-09-16更新の日記image
「子供も巣立ったことだし、この家を貸して、私たちは都心に小さなマンションを借りて住もう」という人に、ピッタリの制度がある。  移住・住みかえ支援機構(JTI)の「マイホーム借上げ制度」を利用することだ。リバー
平成29年9月17日新着!
リノベーションのよさと落とし穴  
2017-09-17更新の日記image
最近、中古住宅やマンションのリノベーションが、資産価値を維持する方法として注目を浴びている。  リノベーション(以下、リノベ)とは、「中古住宅に対して機能・価値の再生のため、包括的改修を行なうこと」(リノベー
平成29年9月18日PICKUP
リノベーションを前提に。
2017-09-18更新の日記image
好みの場所に格好の値段で見つかったが、「間取りが悪すぎる」「自分の生活スタイルに合わない」という人が、リノベ前提で買うのだ。リノベすると間違いなく資産価値が上がり、その価値は容易に下がらない。  かりに築10
平成29年9月19日更新
頭金はどのくらい用意すればいい  
2017-09-19更新の日記image
ネットに、こんな質問が載っていた。  「アベノミクスで不動産が動き出したので、妻はしきりに「買おう、買おう」といっています。いまは賃貸ですが、いずれは買うつもりでいたので、いまがそのチャンスかも、という気持ち
平成29年9月20日最新情報
頭金は多くても困らない
2017-09-20更新の日記image
頭金300万円で物件価格3000万円のマンションを、年利3%の30年ローンで買ったとする。銀行からの借入額は2700万円、返済総額は約4400万円になる。それを「頭金1割じゃ少なすぎる」といって、すぐ買わずに貯

このページの先頭へ