トップ > 平成29年6月> 30日

管理業務委託

2017年6月30日「金曜日」更新の日記

2017-06-30の日記のIMAGE
 管理業務とは、入居者管理業務や賃貸管理業務など、その内容は多岐にわたる。  例えば、入居者管理業務とは、入居者から寄せられる問い合わせに対応したり、入退去時の各種手続きや清算などを行ったりする。賃貸管理業務では、家賃の入金管理や滞納者への督促、明け渡し交渉などが該当する。  そうした管理業務の中でも、オーナーと管理会社との間でトラブルの火種となりやすいのが賃貸管理業務にあたる「家賃保証制度」だろう。家賃保証制度というと、単に空室時の家賃のみを保証してくれる制度と簡単に考えたいところだが、実際には様々なサービスが展開されている。  整理すると①滞納家賃保証、②サブリースシステム(空室家賃保証)の2つに分類することができる。  まず、①の滞納家賃保証とは、その名のとおり、滞納された家賃を入居者に代わって保証会社が補填するといったもの。  その仕組みは、管理会社がクレジット会社や独立系の機関保証と業務提携をし、入居者は保証会社と直接に契約をする。一般的には、募集賃料の80%程度を補償するケースが多く見受けられる。  この制度の特徴は、入居審査時における経済的な基準が厳しいことと言えるだろう。なぜなら、クレジット会社等が審査を行うため、不動産管理業者では入手が困難な入居者の経済的な事情(借金の有無や返済履歴など)を把握できるからだ。また、滞納時の督促手続き等を保証会社が行うため、オーナーや管理会社としては手間も省ける。

このページの先頭へ