トップ > 平成29年4月> 1日

好きな街に住める!

2017年4月1日「土曜日」更新の日記

2017-04-01の日記のIMAGE
「この街が住みやすいから」「親戚や知人に会いやすいからこの街で」「この街にあこがれていたから」「この街が家族との地縁があるから」など、住宅選びの大切な要素の一つが場所になります。家探しをしている方の中には、子供を評判の良い小学校に入学させるために、その学校の学区内に限定して物件を選んでいる方も見受けます。「既存住宅成約者アンケート」によると、住宅探しで既存住宅を選んだ理由で、「希望エリアの物件だったから」が「手頃な価格」とともに2大理由となっています。一方、新築物件に限定して物件探しをすると、必ずしも希望するエリアでの物件があるとは限りませんので、希望のエリアをかなり広範囲に設定したうえで、物件を探さざるを得ないことになります。そして、結果として購入した物件が、希望していた場所とかなり違ってしまうことも起こりがちです。街や地域ということにこだわりがない方は別ですが、よほど新築物件の魅力が高<ない限り、住宅選びをする時には、場所という要素はとても重要視されます。このために、住んでから満足感の高い住宅を選ぶには、まず自分に合った街を選ぶことをお勧めします。

このページの先頭へ