トップ > 平成29年8月> 27日

マンション・ビルのリニューアル事業

2017年8月27日「日曜日」更新の日記

2017-08-27の日記のIMAGE
建築物は一見、恒久的な資産のように見えるが、日々劣化やそれにともなう資産価値の低減が進んでいる。大切な資産を守るためには、定期的な点検を行い、必要なメンテナンスを早めに行うことが必須なのである。さらに、外観や防水機能、室内設備などを含めて、時代に合わせたグレードアップを行って資産価値を長く保ったり、いっそう向上させるという姿勢も欠かせない。一般に、外装は十~十五年、外装シーリングも十~十五年、鉄部塗装は八~十年、屋上防水は十年、電気盤関係は二十年程度でリニューアルが必要になるとされている。この耐用年限ギリギリではなく、事前に検診し、予防することが大事なのだが、ビルやマンションオーナーのなかには日ごろの点検を先延ばしにする傾向が強い。そうした実情を踏まえて、朝日建設では、事前検診の重要性を説明し、オーナーの要望に合ったリニューアル計画を提案・実施して建物の価値向上、寿命アップをはかり、ビルーマンションオーナーから高い信頼を確立している。今後は、リニューアル事業をより積極的に展開していき、経営の柱に育てていく考えだ。建設、リニューアルともに、さらなる技術の向上に努め、将来的には関東一円に事業エリアを広げ、経営力の強化をはかっていきたいとしている。

このページの先頭へ