トップ > 平成29年8月> 24日

賃貸管理やコインパーキング事業を展開する株式会社リビングセンター

2017年8月24日「木曜日」更新の日記

2017-08-24の日記のIMAGE
株式会社リビングセンター(本社‥東京都大田区西蒲田)は平成八年三月に設立され、賃貸物件の紹介・管理業務とコインパーキング事業の運営、拡大にあたっている。賃貸物件の紹介業務では、大田・品川・川崎などの城南地区を中心に、横浜・横須賀などの神奈川地区にも豊富な物件を取り扱い、地域の不動産運用の窓口として賃貸貸与・管理から売却・建設などの要望に応えるなど、付加価値の高いサービスを提供し、顧客の多様なニーズを満たしている。カバー領域は現在、首都圏でもっとも人気が高まりつつある発展的なエリアであるから賃貸ニーズも高く、年間およそ三〇〇件の賃貸紹介を行っている。「賃貸物件を管理しているのは地域の小規模仲介業の方が多いのです。そうした業者さんと密接なコンタクトを保つことによって、地域内に埋没している遊休地の活用計画をご提案するという発展形をつくる。それも、このリビングセンターの重要な使命です」と炭谷は考えている。 『二十四時間カバーするリビングセンターのPM事業』 PM(PropertyManagement)とは、オーナーにかわって不動産の経営代行業務を行い、利益とキャッシュフローの最大化をはかる事業をいう。具体的には、入居者募集、マンション管理、建物維持保全管理などの代行業務が中心だ。賃貸物件に空室が出ないようにする、賃貸マンションの経費は適正かどうか、長期的に見た経営計画は立っているか、などをチェック・管理するほか、日常的に、賃貸マンション居住中に発生するトラブルに対応することも仕事の一環だ。たとえば、「夜間に水漏れした」とか「水が出ないからすぐに見てほしい」など、そんなクレームがあった場合でも、二十四時間オンラインシステムにより、夜間・休日などの営業時間外も、即対応できる体制を整えている。また、騒音問題、駐車場にほかの車が止まっている、カギをなくした……というような日常的によく起こりがちなトラブルにもできるだけ早く対応する方法を親身に伝えるなど、直接・間接的に居住者の信頼を得、ひいては物件の評判を高めて、経営効率の向上に結びつくように配慮した賃貸管理を実現している。そして、「滞納保証制度」「借上保証制度」をシステム化。最近では分譲マンション管理業務も開始し、「退室時内装保証制度」も整備しているから、賃貸物件オーナーからの信頼も厚い。また、オリジナル管理業務コンピュータシステムを導入しており、オーナー各自のニーズに応えたオーダーメイド管理を行っている。これは特に好評だという。グループ内に建設会社を擁していることから、高品質低価格の鉄骨アパート建設を受注するなど、土地オーナーヘのサポートも充実しており、リビングセンターが扱う賃貸物件数は着実に拡大傾向をたどっている。

このページの先頭へ