トップ > 平成29年8月> 22日

マンション管理業務を行う株式会社リビングコミュニティ

2017年8月22日「火曜日」更新の日記

2017-08-22の日記のIMAGE
株式会社リビングコミュニティ(本社‥東京都大田区西蒲田)は平成十九年+二月に設立され、主にリビングライフのマンション「ライフレビュー」とリノベーション物件の「リリファ」の管理を行っている。「マンションは管理を買え」とよくいわれる。平成十八年六月に住生活基本法、平成二十一年六月の長期優良住宅普及促進法が施工されたあたりを契機に、日本の住宅政策は「ストック重視型」へと大きく舵を切った。マンションも同様で、今後はこれまで以上に、「長期にわたって快適に住むことができること」が求められる時代になったといえる。リビングライフでは、こうした時代を早くから感知していた。そして、平成十九年+二月、リビングコミュニティを設立し、マンションやビル管理に特化した事業に進出した。今後は、管理状態が良好であるかどうかがマンションの住み心地を大きく左右し、物件価値にも大きな影響を与えると考えたからである。良好なマンション管理というと一般的には、掃除が行き届いているかどうか、外来者への対応が親切であるかどうかというようなレベルに終始しがちだが、それらはマンション管理の氷山の一角にすぎない。リビングコミュニティでは、マンション管理においてもっとも重要なのは、住民自身が「管理を行うのは自分たち所有者だ」という自覚を持つことだと考えている。そのうえで、清掃、外来者への対応などの日常的な業務に加え、管理費などの事務管理、長期的視野に立った修繕計画、セキュリティ、ライフサイクルコスト削減などの業務の代行を、管理のプロフェッショナルに依頼することが大事なのだ。 ところが、現在ではまだ、管理費を引き下げることがよい管理であるという方向に行きがちで、管理会社もそうした傾向に迎合するだけであるところが多いのが現実だ。そうではなく、住んでいるマンションの価値を高めてくれるような管理を提言し、行ってくれる管理会社を探し、依頼すべきなのだ。リビングコミュニティはマンション管理のプロフェッショナル集団であると自負しており、住まいとしての充実と、永続的な生活ステージとしての価値を高めるための提案、サポート、実際の管理員業務などを請け負っている。特に力を入れているのは清掃だ。「玄関まわりやゴミ置き場、駐輪場などがきれいに保たれていれば住み心地がよく、来訪者のマンションに対する印象もアップする」というのが炭谷の信念であるからだ。

このページの先頭へ