トップ > 平成29年8月> 16日

地元のプロに徹して不動産売買の仲介を行う住宅流通事業部

2017年8月16日「水曜日」更新の日記

2017-08-16の日記のIMAGE
住宅流通事業部は、不動産売買を専門に取り扱う部署である。だがそれは、単にグループ会社である東横建設が開発・分譲する物件の販売部門にとどまらず、独自の情報網を生かし、分譲住宅、宅地、中古戸建住宅、中古マンションなどの販売も幅広く手がけている。リビングライフは創業当時、この事業からスタートしており、いわばリビングライフの原点ともいえる事業部だ。 その特徴は、地元の顧客の信頼を得るために、設立当初から地元エリアに根ざした「地域密着」営業を徹底していることにある。不動産の売買仲介というと、物件情報を顧客に提供し、関心を示した顧客を現地に案内して、契約成立に持ち込むという単純な流れを想定するかもしれない。だが、実際はそう単純にはことは運ばない。営業担当は顧客との対話から「お客さまがどんな住まいを望んでいるのか、何に価値をおいているのか」を探り出し、もっともニーズにかなった情報を提供することに徹さなければならないのである。「住宅は、価格が安いか高いかだけでは判断できない商品なのです。お客さまのニーズに合うことが、最大の、そして先決すべき条件になるのです。それぞれのお客さまには、学校に近いとか、味わいの深い商店街がすぐ近くにあるなど、細かなことへのこだわりがあるのです。私どもは地域限定の展開をしているため、地域を知り抜いており、さらに豊富な物件情報を持っていますから、お客さまのこだわりを察知し、ベストな情報をお届けできる自信があるのです」地元のプロであると自負している営業担当の一人はこう語っている。 住宅流通事業部のもう一つの特徴に不動産取引の「プロフェッショナル集団」であるということがあげられる。通常、仲介会社では、各顧客に営業担当が専属でつくため、提携している金融機関やその担当が知っている金融機関に住宅ローンを頼むことが多い。しかし、リビングライフでは、住宅ローン専門の部署を置き、お客の情報はすべて「ローン課」へ集約させている。ローン課では、顧客にあった住宅ローンを実現するために、広範な情報網からもっとも条件のよい金融機関を提案している。時には、よりよい条件を提示させているため、金融機関と折衝を行うこともある。彼らは住宅ローンのプロフェッショナルである。また、不動産取引には契約段階でのトラブルも起こりうるが、リビングライフではそうした不動産取引の諸問題を未然に防ぐために契約の専門の部署も設置している。彼ら「契約課」は取引前の調査のみならず、時には顧客の購入後の問い合わせやトラブルにも対応、アフターサービスの充実にもひと役買っている。日夜、プロの視点から現場の調査を行う契約課は、まさに契約のプロフェッショナルといえよう。 さらに、売却相談により、依頼を受けた売主の物件について、チラシやインターネット広告、不動産会社間情報などを駆使し、広告活動を展開しているのが「広告企画課」である。めまぐるしいスピードで更新される情報を広告として発信し、早期売却の実現をめざす彼らは広告のプロフェッショナルである。このように、「ローン」「契約」「広告」とあらゆるシーンに対応できる高い専門性を備えたプロフェッショナルが存在するということにより、顧客に安心感を与え、高い顧客満足度を得ているようである。

このページの先頭へ