トップ > 平成29年6月> 23日

商業施設の立地条件

2017年6月23日「金曜日」更新の日記

2017-06-23の日記のIMAGE
商業施設の業態としては、百貨店、ショッングセンター、コンビニ、スーパーなどに分類されるが、敷地の規模によっては、スポーツ施設や娯楽施設などと組み合わせた複合施設という分類もある。  商業施設経営における立地条件としては、交通の利便性が高く、商圏となる対象地域に業態がターゲットとする顧客人口が十分に見込めるか否かが重要なポイントとなるだろう。  ターミナル駅周辺では、幅広い顧客をターゲットとして経営戦略を立てることも可能だが、私鉄沿線のような遠隔地からの人口の流動性が低い地域では、業態と地域顧客層の関係が、経営の明暗を分ける重要な要素となる。

このページの先頭へ