トップ > 平成29年5月> 15日

もう土地に投資しない

2017年5月15日「月曜日」更新の日記

2017-05-15の日記のIMAGE
<土地っていったい何ですか?>皆さんもこんな疑問を持たれたことがあると思います。私がかつて某サッシメーカーの商品開発部にてアルミ建材の新商品開発に没頭していた頃、時代は正にバブル期、建築業界はビルに住宅にと建設ラッシュでした。にもかかわらず命題は常にコストダウン。材料費・加工費・組立費・梱包費・運搬費等をいかに削減できる設計をするかが日常でした。住宅1棟の総工事費が1800万円としてその約4・5%(約80万円くらい)がアルミ建材の占める工事の割合でしたから当然なのですが……。しかし、そうした努力により建てられた建物が載っている土地が何千万円ってどういうことか「上地神話」なんて言われても理解できませんでした。そしてバブル崩壊、ビル建築は一斉に住宅へとシフトされ登場したのがマンションブームだったと記憶します。バブルが弾け土地値は下がったとはいえ、東京近郊で土地付一戸建て住宅を手に入れることなど夢のまた夢でしたから。土地の持分約50㎡、分譲床面積約70㎡、販売価格約4000万円の新築マンションを土地/建物の割合からして妥当と判断して購入した私の行動はごく自然なものでした。(詳細は、後述いたします)

このページの先頭へ