トップ > 平成29年4月> 27日

情報収集の進め方

2017年4月27日「木曜日」更新の日記

2017-04-27の日記のIMAGE
新聞に折り込まれる既存住宅の広告の中で、カラー写真が掲載されているキレイで見やすいチラシは、製作するのに2~3週間かかりますが、1色か2色のチラシは1週間もかからずに作成されています。つまり、1~2色の少々安っぽく感じられるチラシのほうが情報の鮮度は高いと言えます。『広告を読み込む』多種多様の不動産広告から情報を得ています。<際に、その見方を間違えるととんでもないことになりますので、注意しなくてはなりません。「日当たり良好」「掘り出し物・格安物件」などのキャッチフレーズや、完成予想図や写真などのビジュアルに惑わされることのないように気を付けましょう。不動産広告の内容や表現については、「不当景品類及び不当表示防止法」「宅地建物取引業法」の2つの法律で定められたルールに基づいていることに加え、業界の自主規制である「不動産の表示に関する公正競争規約」により様々な規制を受けています。どんなにスペースの小さい場合でも、最低限掲載しなくてはならない項目が決められており、その項目をすべて見れば、最低限の状況がつかめるようになっています。ところが悪質な広告では、良いことはすぐ目を引くように大き<、不利なことは見つからないように小さく、時には省略されて表示されていたりしますので、見落としがないようにじっくり見なくてはなりません。

このページの先頭へ